価値の把握と運用

家の模型

一戸建て住宅という不動産の購入を検討している場合、なかなか購入ぬ踏み切れない人が多いのです。それは単純に金銭の問題であることが多いわけです。これから先長期的なローンを組んで返済できるのかといった返済の問題だけでなく、不動産の価値が下落したらどうしようという不動産についての問題もまたあります。買主としてはできれば不動産価値がこれから上昇するということを望んでいるはずです。これから将来をある程度予想することができれば住宅を購入するタイミングもわかってくるはずです。 不動産の歴史を見ているとその時代背景がわかるようになります。時代背景やその流れがわかるようになるとこれから先の不動産の流れもわかるようになります。

住宅の歴史はそのまま景気の歴史でもあります。景気が良い時や上向きの時は住宅の価格が上昇して、景気が悪い時には住宅の価格が下がっていきます。 例えば、今から30年ほど前に、日本の景気は最高潮を迎えました。それに伴い住宅などの不動産の価格もかなり上昇して話題になりました。 住宅の価格が下がると、景気も下向きになり価格も当時の半分以下になっています。 とすれば、これから先土地の価格が上がるかどうかは今後の景気次第ということになります。 ただ、一戸建て住宅やマンションでは、その材料費も物件価格を左右しますし、消費税増税前と増税後は価格が100万円以上違ってしまうことがありますので、地価以外の要素も参考にするのがいいでしょう。