不動産状況の把握

正面からの家の外観

不動産といえば、居住地の 家であり、また家が建っている土地であります。それ以外に、資金の余裕がある方は、第二の居住地として、他の土地に建物を建てて、週末のバカンスの拠点として管理しておられる方はあると思います。例えば、一時期、ピックアップされた箱根であります。時代はバブル絶頂期でありましたので、不動産の取引価格も高い設定でもありましたが、不動産の買い手が常に絶えない状況でありました。この時は、不動産が不要になれば売却したら良いとの感覚が主流となっていましたので、資金の余裕があるある方が大量に不動産を買い占めていたものです。今となれば、所有する不動産の管理に追われる立場へと変貌しているケースが見られます。

資産の運用については、売却及び賃貸などの活用法がありますが、近年、田舎暮らしを行う若い世代が増えてきています。このような方と交渉し、賃貸方式を考えても良い資産運用であります。ただ売却するしか考えない思考を転換し、資産の活用として取り入れみてはと思います。賃貸にすることで、今まで支出しか考えられなかった資産から、 収入が得られる事となるので、毎年支払い続けている、固定資産税、都市計画税の支払いの一部以上の収入があるのは確実であります。また、賃貸した方と、親密になることで、たまには訪れる事が出来れば、何も言うことがないではありません。資産の運用は効率よく行うことが今後の自身の生活にも影響しますので、良き判断をすることをおすすめします。